文字サイズ
  • 慶應義塾SFCメディアセンターFacebook
  • 慶應義塾SFCメディアセンターTwitter
  • 慶應義塾SFCメディアセンターUstream
  • 慶應義塾SFCメディアセンターYoutubeチャンネル
SFC Media Center

HOME > メディアセンターニュース

メディアセンターニュース

お知らせ

new 【重要】台風21号の影響で10/23(月)の開館時間を変更する可能性があります(2017年10月20日)

AV

音響スタジオ講習  10/23(月) 受付中!(2017年10月03日)

イベント

英語による論文検索セミナーを開催します(2017年10月16日)

イベント

【就活応援!】SPEEDA講習会 : 企業・業界研究に使ってみよう!(2017年10月12日)

お知らせ

返却期限日を過ぎた図書はありませんか?(2017年10月06日)

お知らせ

【新サービス】国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」受信(2017年09月22日)

お知らせ new  【重要】台風21号の影響で10/23(月)の開館時間を変更する可能性があります

10月23日(月)は台風21号が接近するおそれがあります。
交通機関の運行状況によっては、23日(月)のメディアセンターの開館時間を変更する可能性があります。
最新情報は、当webサイトおよびTwitter @sfc_mediacenterでお知らせいたします。

AV  音響スタジオ講習  10/23(月) 受付中!

湘南藤沢メディアセンターでは,音響スタジオ講習会を実施しています。
Live 9を利用した基本的なオーディオ録音とファイル出力方法について説明します。
2017年10月の開催予定は下記のとおりです。

2017年10月11日(水)13:00 - 14:30(3限)※終了しました。

2017年10月17日(火)14:45 - 16:15(4限)※終了しました。

2017年10月23日(月)13:00 - 14:30(3限)

スタジオの利用予定がある方は忘れないように申込み下さい。

受講を希望される方は,講習受付担当までメールでお申込みください。
メールの件名を「音響スタジオ講習受講希望」とし,
本文に
「参加希望日時」
「氏名」
「学部・学年」
「メールアドレス」※CNSのメールアカウント
「主な利用目的」(例:研究会,映像作品のナレーション録音,音楽活動,MIDI録音 等)
を明記してください。
メールの宛先:av-koshu@sfc.keio.ac.jp

*音響スタジオを利用するには本講習の受講が必要です。
*講習内容は受講者の要望・レベルに応じて調整します。
*申込みが定員(5名)に達し次第,募集を締め切らせていただきます。

イベント  英語による論文検索セミナーを開催します

英語による論文検索セミナーを以下の通り開催します。

[Workshop Details]
Date: Oct. 31 4:30 pm - 5:00 pm
Nov. 1 4:30 pm - 5:00 pm
Nov. 2 4:30 pm - 5:00 pm
*The content is the same on each day
Location: Media Center 2F Event Space

イベント  【就活応援!】SPEEDA講習会 : 企業・業界研究に使ってみよう!

就職活動にも威力を発揮する企業・業界情報データベースSPEEDAの講習会を開催します。株式会社ユーザベースより専門講師を招いて説明します。

日時: 10月26日(木) 16:30~18:00
場所: ε24 教室

事前申し込み要。申し込みはこちら
※定員35名、空きがあれば当日参加も可能です。

お知らせ  返却期限日を過ぎた図書はありませんか?

夏季長期貸出資料の返却期限日 10月2日(月)を過ぎました。
返却期限日を過ぎた資料には 1点につき1日10円の延滞料が加算されています。
例:5冊の本が10日遅れた場合、500円

現在借りている資料はKOSMOS My Libraryで確認できます。
使い方は ヘルプをご参照ください。
但し、返却期限日を過ぎた資料は更新(期限延長)ができません。早急に返却をお願いします。
万が一、資料を紛失した場合は1階インフォメーションデスクにお申し出ください。

お知らせ  【新サービス】国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」受信

国立国会図書館のデジタル化資料、約148万点(平成29年7月時点)を
湘南藤沢メディアセンターで閲覧・複写できるようになりました。

 デジタル化資料送信サービス(図書館送信)は、
 国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料を
 全国の公共図書館、大学図書館等(当館の承認を受けた図書館に限ります。)の館内で
 利用できるサービスです。
 (国立国会図書館HPより)

詳細は「国立国会図書館デジタル化資料の利用」のページをご覧ください。