文字サイズ
  • 慶應義塾SFCメディアセンターFacebook
  • 慶應義塾SFCメディアセンターTwitter
  • 慶應義塾SFCメディアセンターYoutubeチャンネル
利用案内

HOME > 利用案内 > フロアマップ > フロアガイド B1F

フロアガイド B1F

地下1階フロア 撮影スタジオ 音響スタジオ 撮影スタジオ AVホール 音響スタジオ

AVホール

AVホールでは、前後左右の全ての壁面にプロジェクタースクリーンが設置されており、前面と左右の壁面にはホワイトボード機能を持つガラススクリーンもあります。立式のAV操作卓を備え、デジタル入出力に対応しており、多地点遠隔会議システムも常設されています。LAN対応のプレゼンテーションにも対応しており、持ち込みPCから直接映像・音声出力が可能です。

  • ご利用中に予告なく構内放送または館内放送を入れることがあります。
    また、必要に応じてスタッフより電話による状況確認や退出を促すお声掛けをいたします。
    予めご了解ください。
  • 地震を感じたら
    →備品の転倒、落下物に注意して、まず身の安全を守ってください。
  • 緊急放送が入ったら
    →指示に従って避難してください。
  • 設備に異常が生じたときは速やかにスタッフにお知らせください。
    ご協力お願いいたします。

利用時間

通常開館日 平日 9:15‐22:30 / 土曜日 9:15‐18:30
短縮開館日 平日 9:15‐17:30 / 土曜日 9:15‐15:30
  • ※メディアセンターの休館日は利用できません。
  • ※利用には事前の申込みが必要です。詳しくは「利用申込みについて」の項をお読みください。
  • ※利用サポート対応時間 平日 9:15‐17:30

施設概要

施設名備考
前面/後面大型スクリーン 2 前方、後方に各1面
側面スクリーン 2

左右側面に各1面

遠隔会議システム 1 SONY XG100S
無線LANプレゼンテーションシステム 1 WIVIA3
ネットワークカメラ 1 常時稼動
24
椅子 48 最大60(予備12)
デジタル入出力端子 あり HDMI入力:2
HDMI出力:1
電源コンセント 21口 床面:12か所 壁面:4か所
内1口は常設PC等備品用
情報コンセント 2口 無線LANも利用できます

対象者

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス在籍の教職員を含む個人または団体で、以下に該当する場合に利用できます。

  • 遠隔会議システムおよびプレゼンテーション機能を使った学術目的での利用
  • 公開可能なアドミニストレーション業務での利用
  • ※利用時は申込者(教職員)に責任者としてご同席いただきます。
  • ※学生、学外者を含む団体も利用できます。

利用申込について

予約状況を確認のうえ、AVホール予約申込フォームよりお申し込みください。
予約は60日前から利用開始4時間前まで受け付けます。

  • ※申込手続きをRA・TA・SAが代理で行うことができます。
  • ※予約は30分単位です。サービス時間内であれば利用時間制限はありません。
  • ※予約申込後、担当係が利用資格等を確認し、申込者宛にメールで予約完了またはキャンセルをご連絡します。
    予約完了の連絡をもって、利用が可能となります。
  • ※予約の利用開始時間から30分を経過しても利用がない場合は、予約をキャンセルとさせていただきます。
  • ※授業の場合、学期を通しての利用はできません。
  • ※学会等での利用で早期予約をご希望の場合は までご連絡ください。

施設利用上の注意

鍵の受渡し

AVホールの利用には鍵が必要です。申込者がメディアセンター1階インフォメーションデスクでキャンパスカードと引き換えにお受け取りください。

AVホールの機器操作について

AVシステムの主電源は、操作卓にあります。
プロジェクターの操作等はタッチパネルで行います。

備付の家具(机、椅子)について

レイアウトは自由に変更してご利用ください。ただし常設テレビ会議機器の机は動かさないでください。
終了時には元の状態に戻してください。床に机の配置の目安となるピンが打ってあります。
椅子が足りないときは、ホール内倉庫の予備椅子(12脚)をご利用ください。
家具を使用しないときは、ホール内倉庫に一時的に格納できます。
机はスタッキングができます。
机と椅子は軽い力で大きく動きますので、壁面ガラススクリーンに衝突しないように注意してください。

壁面ガラススクリーンについて

映像の投影のほか、ホワイトボードとしても利用できます。 備付の専用マーカーを使用してください。

電源について

持込機器用の電源コンセントは 20口あります(床面 12か所 壁面 4か所)。 備付のOAタップもご利用ください。

利用終了時

AVシステムの終了、消灯、家具の配置を確認して施錠してください。
備付設備・機器の利用後は元に戻してください。
鍵をインフォメーションデスクに返却してください。

AVホール内での飲食について

食べ物 不可
飲み物

ペットボトルなど密閉容器に入った飲み物のみ可。ただし常設テレビ会議機器、マイク類の周囲で飲むことはご遠慮ください。

※設備・備品の汚損にご注意ください。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 内線:52530 (マルチメディアサービス担当)
受付時間:平日のみ 9:15-17:30
メールでのお問い合わせ

地下スタジオ

メディアセンター地下1階スタジオエリアには、ビデオ撮影、レコーディング、音響編集ができるスタジオがあります。

スタジオの種類

撮影スタジオ

撮影スタジオは、ビデオカメラ等による撮影用途を目的としたスタジオです。画面合成素材の撮影用にブルーバックカーテンがあります。また、モーションキャプチャーシステムを備えています。

音響スタジオ

音響スタジオでは、レコーディングや音響編集・加工ができます。