文字サイズ
  • 慶應義塾SFCメディアセンターFacebook
  • 慶應義塾SFCメディアセンターTwitter
  • 慶應義塾SFCメディアセンターYoutubeチャンネル
利用案内

HOME > 利用案内 > ファブスペース

ファブスペース

fabspace2.jpg メディアセンターの外からも目にすることができる、1Fエントランスに近いガラス壁に囲まれた場所に「ファブスペース」があります。ここでは3Dプリンタや3Dスキャナ、カッティングマシン、レーザーカッター、ミシン(通常ミシンと刺しゅう用ミシン)などを利用することができ、デジタル技術を使ったものづくりを体験できます。利用に関する問い合わせはAVカウンターもしくはファブスペースのスタッフが受け付けます。

サービス時間

通常開館日 平日 9:30‐20:00 / 土曜日 9:30‐16:00
短縮開館日 平日 9:30‐15:00 / 土曜日 9:30‐13:30

※土曜日の 11:30‐12:30 は利用受付を休止します。(昼休み)
※開館時間内に利用が終わらない見込みの場合は利用できません。

利用対象

慶應義塾大学所属の方 SFC所属学生と教職員の授業・研究利用を優先することがあります。
あらかじめご承知おきください。
  • ※同じ機材は同時に1台のみ利用できます。原則として、同じ機材の利用は1日1回までです。
  • ※1回の利用時間が機材毎の制限時間を超える場合、係員に相談してください。
  • ※各種データ作成のサポートはファブスペースで相談してください。AVカウンターでは受け付けられませんので、ご了承ください。

利用手続き

申込み

  • AVカウンターで「ファブスペース利用申請書」に記入してください。
  • 利用目的、利用用途について記入してください。
  • 個人利用に限ります。商用目的、代行利用などは認めません。
  • 利用者本人の学生証(教職員の場合はキャンパスカード)を提示してください。

 機材と利用時間
  • 3Dプリンタ (スタンドアロン、Makerbot)--- 5時間まで
     出力する3Dデータを持ち込んで利用します(3DデータスライスソフトウェアはMakerbot
     Desktopを使います)。熱溶解積層方式により、プラスチック素材(PLA)で3Dデータを出力
     できます。
  • 3Dプリンタ(スタンドアロン、RepRap型 Mutoh MF-1000)(*) --- 5時間まで
     3Dプリンタ(RepRap型)をPCからオペレーションすることで利用できます。3Dプリ
     ントに必要となる3Dデータスライスソフトウェア(Slic3r)、3Dプリンタ制御ソフト
     ウェア(Pronterface)を使い、3Dプリンタの仕組みを学びながら出力することができ
     ます。ソフトウェアや3Dプリンタの操作については各3Dプリンタに接続されている
     専用PCからご利用ください。
     (*) 専用Windows PCにインストールされているソフトウェア(Slic3r, Pronterface)
       からのみ操作できます。
     (*) 別の3Dスライサーソフトウェアで作成した3Dデータ(gcode)を利用する場合は
       係員に相談してください。
  • 3Dプリンタ(オンライン、Makerbot Innovation Center)
     
    3Dプリントのリクエストがオンラインで可能です。3Dプリントの出力状況はサインアップ
     した専用のWebページやメール通知により把握できます。
     このシステムの詳細についてはMakerbotシステムの利用をご覧ください。 
  • 3Dスキャナ --- 2時間まで
     物体の形状をカメラとレーザーにより読み取り、物体の3Dデータを生成します。
     20cm程度までの比較的小さな物体を読み取る場合は卓上タイプ、人体などを読み取る場合
     はハンディタイプを利用してください。
  • カッティングマシン/ペーパーカッター --- 2時間まで
     紙や布をカットデータをもとに好きな形にカットします。
  • デジタル刺しゅうミシン --- 3時間まで
     内蔵メモリや専用ソフトウェアの刺しゅうデータに加えて、画像データをもとに
     様々なデザインを刺しゅうできます。自分で作成した画像や読み取った画像を編集して
     利用することも可能です。出力するファイル名を申請書に記入してください。
  • 通常ミシン --- 3時間まで
     直線縫いができるパワフルな職業用ミシンです。
     フットコントローラーで速度調節や自動糸きりが可能です。
  • レーザーカッター --- 1時間まで
     レーザー光の強さを調整して、木板やアクリル板を切断したり、加工面に彫刻や文字入れ、マー
     キングをすることができます。グラフィックソフトウェアのデータを元に加工用データを変換し
     て使います。加工素材はメディアセンターが指定したものを使ってください。
  • 展示型3Dプリンタ --- 通常利用できません
     デルタ型の構造を持ち、大きな物体が造形できる3Dプリンタです。出力作品を展示する機能が
     あります。利用したい場合はメディアセンターに申請をしてください(研究目的に限ります)。
  • 機材の利用方法がわからない場合、AVカウンターもしくはファブスペースのスタッフにお尋ねください。

終了時

  • 必ず利用者本人が終了手続きしてください。
  • 出力が終了したら貸出機材(利用機材によって異なります)を返却してください。
  • 学生証(教職員の場合はキャンパスカード)を提示してください。
  • 係員が利用機材のチェックを行いますので、確認が済むまでその場でお待ちください。
  • ファブスペース利用申請書」に利用終了の署名をしてください。

注意事項

  • ファブスペースの利用予約はできません。
  • 申請書に記載した利用目的以外では利用できません。
  • 3Dプリンタ利用中に離席する場合、係員に申し出てください。所定の手続きが必要です。ただし安全上の理由から、刺しゅうミシン、カッティングマシン、レーザーカッター利用中の離席はできません。
  • 公序良俗に反するものは出力できません。不適切な利用と認められる場合、即時に利用を中止させていただきます。
  • 不適切な取り扱いによる機材の故障については修理費用を弁償していただく場合があります。
  • 付属品や貸出機材を紛失・破損した場合には、弁償していただきます。
  • 失敗作やフィラメントのゴミ、布・糸くずは専用のごみ箱に入れてください。
  • 出力した作品の撮影・写真の公開にご協力ください。ファブスペースで提供されたデータについては下記のサイトで利用できます。※"fabspace"で検索してください。
    http://www.thingiverse.com/
  • 刺しゅうデータの公開はAVガイドで行います。

ファブスペース機材構成について

3Dプリンタ
(スタンドアロン)

Makerbot Replicator 5th Generation 4台(PLA)
Mutoh MF-1000
(専用PCから操作します)
1台
(PLA)
3Dプリンタ
(オンライン)
MakerBot Innovation Center (Makerbotシステム)
 ※使い方については「Makerbotシステムの利用」をご覧ください。

8台
(PLA)

3Dスキャナ MakerBot Digitizer 1台
Sense 3D Scanner 2台
カッティングマシン Brother CM110 1台
ペーパーカッター silhouette CAMEO 2台
デジタル刺しゅうミシン Brother INNOVIS D400J 2台
職業用ミシン JUKI baby lock EP9600 2台
レーザーカッター Trotec Speedy100R 1台
展示型3Dプリンタ デルタ型3Dプリンタ(SFC開発モデル) 1台
その他 利用機材に応じて必要な付属品、工具を貸出いたします。アイロン、アイロン台もあります。

ファブスペースの機材構成や詳しい利用方法については利用時に貸出している利用ガイドやAVガイドfacebookページ等を参考にしてください。

  • (3Dプリンタ)出力時には3Dプリンタのノズル部分が高温になります。やけどに注意してください。
  • (3Dプリンタ)ステージ部分は壊れやすいため扱いに注意してください。
  • (3Dプリンタ)利用カートリッジの素材と色はこちらで指定させていただきます。
  • (3Dプリンタ)データフォーマットの変換方法がわからない場合、係員にお尋ねください。
  • (3Dプリンタ)申請書に記載したデータ以外のものの出力は認めません。
  • (3Dスキャナ)著作権に触れる利用はできません。読み取り対象物によっては利用をお断りすることがあります。
  • (3Dスキャナ)データの取り込み用にノートPCをお持ちください。
  • (3Dスキャナ)ノートPCにMakerbot Desktop(卓上タイプ) 、Sense 3D Scanner(ハンディタイプ)のインストールが必要です。
  • (3Dスキャナ)読み取ったデータを共有サイトにアップする場合は相談してください。
  • (カッティングマシン)替え刃の交換・持ち込みはできません。
  • (カッティングマシン)素材によってはうまくカットできない場合があります。無理に動かさず係員に相談してください。
  • (ペーパーカッター)カッター刃の持ち込みはできません。
  • (デジタル刺しゅうミシン)上糸、下糸、ミシン針の持ち込みはできません。
  • (デジタル刺しゅうミシン)実用縫い機能は利用できません。
  • (デジタル刺しゅうミシン)布地によっては刺しゅう針が合わない場合があります。刺しゅうがうまくいかない場合、無理に動かすと故障しますので、係員に相談してください。
  • (通常ミシン)持ち込んで利用する布については係員が確認いたします。
  • (通常ミシン)利用ガイドに沿って利用してください。過度に負荷のかかる使い方はしないでください。
  • (レーザーカッター)持ち込みPCをレーザーカッターに接続することはできません。
  • (レーザーカッター)素材はメディアセンターが指定したアクリルボードもしくはベニア板を使ってください。
  • (レーザーカッター)提供素材のサイズ:[大] 450mm×300mm [小] 150mm×150mm ※大は1枚まで、小は4枚まで
  • (レーザーカッター)提供素材の厚さ:[透明・カラーアクリルボード]2mm [透明アクリル]5mm [ベニア板]4mm
  • (レーザーカッター)素材の提供は1人1日1回までです。
  • (レーザーカッター)Speedy100Rの最大作業面積は610mm×305mm、高さ上限170mmです。
  • 機材構成は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。