文字サイズ
  • 慶應義塾SFCメディアセンターFacebook
  • 慶應義塾SFCメディアセンターTwitter
  • 慶應義塾SFCメディアセンターYoutubeチャンネル
メディアセンターについて

HOME > メディアセンターについて > イベント

イベント

湘南藤沢メディアセンターが主催または関連して実施される今後のイベントです。

過去のイベント

  1. 上映会
  2. トークセッション
  3. 企画展示
  4. 公開講座
  5. 選書ツアー
  6. ビブリオバトル
  7. 講演会
  8. ポスターコンテスト
  9. アイデアソン

上映会

日本漫画映画発達史 映画上映会

日本漫画映画発達史として16ミリフィルム(予定)により、下記の映画を上映します。

「日本漫画映画発達史 第一部 戦前編 漫画映画誕生」 (1970年)
「日本漫画映画発達史 第二部 戦後編 アニメ新画帖」 (1972年)
 藪下泰司 監督


anime_jpn.jpg
戦前から戦後までの日本の漫画・アニメを振り返ります。戦前編・戦後編と2つの映画を16ミリフィルムで上映します。代表的なアニメーション映画の特徴的なシーンが紹介されており、当時評判になった作品はもちろん、個人制作のものや前衛的な作品まで幅広く扱っています。

日時:2013年11月27日(水) 16:30-18:30
場所:AVホール
対象:慶應義塾所属の方、塾員の方、もしくは藤沢市民の方が入場できます
解説:土屋 大洋(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)

上映に先立ち、土屋教授に解説していただきます。
土屋教授は国際関係論、情報社会論、公共政策論がご専門です。
2013年11月のORF(オープン・リサーチ・フォーラム)では『アニメ産業のエミュレーション』
という日本研究のパネルセッションをご担当されています。
○参考URL
http://orf.sfc.keio.ac.jp/jp/session

レファレンス担当による関連文献紹介付きです。

SFCの教員による解説付きの大変貴重な上映会です。
是非、メディアセンターまでお越しください。

次回の上映会も準備中ですので、是非お楽しみにお待ちください。

過去の上映会

トークセッション

WRCトークショー「レポート作成のコツ」開催!

SFCライティング&リサーチコンサルタントによるトークショーです。レポートのテーマ設定の仕方、レポートの書き方、よりよいレポートにするためのコツなど、レポート作成に欠かせないスキルをお話ししました。

日時:2016年5月25日(水)16:30~18:00
場所:湘南藤沢メディアセンター1階 オープンエリア
登壇者:
・ライティング&リサーチコンサルタント

過去のトークセッション

企画展示

SFC生が選んだ本 ~2017~

展示期間 2017年6月12日 ~ 7月8日

学部生・院生が参加する選書ツアーも第10回の節目を迎え、参加した塾生によって409冊の本が選定されました。メディアセンターの蔵書となった哲学・歴史・技術・芸術・文学などの豊富な資料を展示いたします。ファンタジー小説の原書、ジブリの絵コンテ、様々なお酒や花ごよみ・・などの楽しい本にもぜひご期待ください。
展示資料一覧(表紙イメージ、KOSMOSなどへのリンク付き)

◆展示場所:メディアセンター1階オープンスペース

SFC生が選んだ本.pngtenji3.pngtenji7.png

過去の展示

公開講座

「学びの連携」プロジェクト 第4回公開セミナー 「塾生による塾生のための半学半教の場作り」

学生による学生のための学習・生活相談活動として、SFCのライティング&リサーチコンサルタント、日吉キャンパスの学習相談アワー、矢上キャンパスのS-Circleがあります。
今回の公開セミナーでは、それぞれのキャンパスの特徴に対応した活動理念と内容、学生たちを引きつけるための企画、相談者の悩みを言語化してもらうテクニックなどが報告されました。その後、今後3キャンパスの活動を連携し、慶應義塾全体の取り組みにステップアップするための方途についてディスカッションが行われました。

日時:2013年3月18日(月)14:00-17:00
場所:日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース

選書ツアー

書店に行って書棚からメディアにあったらいい本、自分が読みたい本、

大学生活・研究に役立つ本など... 自由に選んでみませんか!

年に2回実施しています。ウェブサイトやポスターなどで参加者を募集いたします。

第11回 SFC生選書ツアー参加者募集!

日時:2017年7月28日(金)14:00-16:30
場所:紀伊國屋書店 新宿本店 (現地集合現地解散)

◇応募方法
Web申込みフォームよりお申込みください。

募集人数:10名
・SFC在籍の学部生、大学院生に限ります。
・応募多数の場合は選考させていただきます。
 (申込みの早い方、思い入れの強い方を優先)

応募締切:2017年6月30日(金)
・結果は7月5日(水)までに通知します。

たくさんのご応募お待ちしております!

第11回SFC生選書ツアーの様子
sensho1.png

過去の選書ツアー

第10回 開催日: 2017年01月31日(火) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第9回  開催日: 2016年07月27日(水) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第8回  開催日: 2016年01月29日(金) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第7回  開催日: 2015年07月29日(水) 場所: 紀伊國屋書店・新宿南店

第6回  開催日: 2014年10月27日(月) 場所: 丸善・丸の内本店(丸の内オアゾ内)

第5回  開催日: 2014年05月14日(水) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第4回  開催日: 2013年11月25日(金) 場所: 丸善・丸の内本店(丸の内オアゾ内)

第3回  開催日: 2013年06月07日(金) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第2回  開催日: 2012年12月14日(金) 場所: 紀伊國屋書店・新宿本店

第1回  開催日: 2012年08月06日(月) 場所: 紀伊國屋書店・新宿南店

ビブリオバトル

第2回ビブリオバトル in SFC


DSCN3020.JPG
日時:2014年10月22日(水) 16:30-18:00
会場:湘南藤沢メディアセンター1階(入口を入ってすぐ)

<ビブリオバトルのルール>
1. 本を紹介する人(バトラー)が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2. 順番にひとり5分間で本を紹介 → 2~3分間で参加者全員のディスカッション
  レジュメやパワーポイントなどを用意せず、生の語りで紹介しましょう!
3. 「どの本が一番読みたくなったか?」を投票し、『チャンプ本』を決める。
詳しくはビブリオバトル公式サイトをご覧ください。

<バトラー・紹介された本(発表順)>
KOSMOSへのリンクと表紙画像の一覧
1. 淺野義弘さん(環境3年)『Made by hand : ポンコツDIYで自分を取り戻す』
 ■バトラーの好きな一節:「物を作れ、失敗せよ」(p.38より引用)
 ■バトラーのコメント:色々なDIYに取り組んでは失敗する。それでもめげない筆者に勇気づけられます。
  ものづくりに関わる人はもちろん、そうでない人にとっても、楽しく生きるヒントが詰まってます!
2. 江部正周さん(環境4年)『マネー・ボール』
 ■バトラーの好きな一節:「アスレチックスがドラフトやトレードで獲得した選手の大半は、
  古い野球観のせいで過小評価されていたプレイヤーだ。
  アスレチックスのフロントは、不遇な選手を偏見から解き放って、
  真の実力を示す機会を与えたことになる。(p.9より引用)
3. 伊谷陽祐さん(総合4年)『Google Boys : グーグルをつくった男たちが「10年後」を教えてくれる』
 ■バトラーの好きな一節:※伊谷さんが原書(英語)を和訳
  (Google創業者の1人)ラリー・ペイジ:(p.23)
  「(1996年の)ある時に、私は突然起き上がり、もし世界中のすべてのウェブとリンクを集めることが
   できたらどうだろう?と思い、夢中で筆を走らせ、検索エンジンを構築することを思いついたのです!」
  (Google創業者の1人)ラリー・ペイジ:(p.89)
  「私たちは検索エンジンで成功すると思えなかった。しかし、スタンフォードの指導教官が
   こう言ったのです。"もし、Googleが成功しなかったら、PhDを取りに帰ってくればいい。"
   これがGoogleができた1つの理由です。」
4. 守淳史さん(環境3年)『アイデアのつくり方』
5. 濱雄亮さん(湘南藤沢中高等部教員)『ボディ・サイレント』  ■バトラーの好きな一節:「病いは我々の肉体についての無意識に対する真っ向からの挑戦である。」(p.35より引用)
 ■バトラーのコメント:病気のために、それまで「当たり前」にできていたことができなくなった著者は、
  自分と社会が「当たり前」として無意識に済ませている事柄の特徴と背景を探る「旅」に出た。

<チャンプ本(優勝)>
『Made by hand : ポンコツDIYで自分を取り戻す』

たくさんのご観覧ありがとうございました。次回企画もどうぞお楽しみに!

過去のビブリオバトル

講演会

図書館と3Dプリンター:海外の動向

湘南藤沢メディアセンターには3Dプリンタを利用できる"ファブスペース" があります。このたび、デジタルファブリケーションと呼ばれるものづくりの活動で良く知られ、またFabLab JAPANの発起人でもある、環境情報学部の田中浩也准教授の提案により、本講演会を実施することになりました。

本件に関する問い合わせ先:mc-mtg@sfc.keio.ac.jp どうぞご期待ください。

タイトル:図書館と3Dプリンター:海外の動向
内容:海外動向発表、映画「Making, Living, Sharing」の上映など
日時:2014年1月20日(月) 14時45分~16時15分(4限)
場所:湘南藤沢メディアセンター1Fラウンジ
※Ustream収録映像については過去の講演会からご覧ください。

過去の講演会

ポスターコンテスト

SFC開設25周年記念「SFCが歩んだ25年を世界の出来事で振り返る」ポスターコンテスト

ポスター1.jpg

コンテストの内容

SFC開設から現在までの25年間に起きた出来事で最も印象に残った出来事を画像や新聞記事を使って1枚のポスターで表現してください。

募集期間 

2015年9月28日(月)~ 2015年10月15日(木) 終了しました

投票期間

2015年10月22日(木)~10月28日(水) 終了しました

授賞式

2015年10月30日(金) 16:40~ メディアセンター1階オープンスペース

募集要項・提出方法

詳しくは、ポスターコンテスト募集要項 をご覧ください。応募者全員に参加賞をプレゼントします。引用について詳しくは、出典の書き方をご覧ください。

表彰

利用者の投票ならびに審査委員の審査により、各賞を決定します。副賞として、iPad mini、Kindle Paper White, Amazonギフト券、日経電子版1年分等豪華賞品を多数用意しています。奮ってご参加ください!

受賞作品決定!

DSC03308s.jpg

ポスターの作成、また投票での多数の参加ありがとうございました。

アイデアソン

日本経済新聞社主催「日経アイデアソン」

nikkei_ideathon_sTweet用.jpg

開催日時:2016年11月29日、12月1日 各日16:30~20:00
開催場所:AVホール
内容  :新技術Xマスメディアをテーマに、新しいサービスを提案するアイデアソン。

12名の学生が3名づつ4グループに分かれ、各グループには日本経済新聞社、日経メディアマーケティングから1名づつのメンターがついて、「新聞ニュースを広める新技術」を提案してもらいました。VRを使ったニュースクリップサービス、見守り機能を持つニュースサービス、新聞を経済ゲーム機能に組み込んだ若者向けのサービス、企業間SNS機能を持ったニュースサービスと、それぞれ斬新なアイデアが提案されました。
学外から、株式会社Zaimの閑歳氏、Mozilla Japanの清水氏、日本経済新聞社執行役員の渡辺氏が、学内からは総合政策学部教授・メディアセンター所長の土屋先生、環境情報学部教授の小川先生が審査員としてコメントされ、Aチームの「Nikkei VR(NVR)」が見事優秀賞を手にしました。

DSC00339.JPGのサムネイル画像DSC00347.JPGのサムネイル画像DSC00367.JPGのサムネイル画像DSC00451.JPGのサムネイル画像DSC00441.JPGのサムネイル画像